あなたのライフスタイルを豊かにする家事アドバイスサイト

>

空きスペースを含むスペースの有効な利用と収納箇所の決定

空きスペースを利用した収納術

ジャンルや使用頻度、併用の有無といった基準を設けて、ものをカテゴライズしグループを作れば、ものの収納が容易になる分、整理整頓は進みものの収納の円滑化を図れることは確かであるものの、収納利用できるスペースには家の広さと造りに応じた限界があり、グループ分けして収納するだけでは不十分かも知れませんね。

そこで役立つのが、空きスペースの利用で、収納スペースでもそれ以外の空間でも構いませんが、スペースの空白になりやすい空間、例えば手が届く範囲の壁のうちドアに接触せず通行の妨げにならない場所があれば、強力な接着効果があるフックないしバーを設置することで軽いものなら十分収納可能な簡易収納スペースにできますし、既存の収納空間の収納機能を有しないスペースの中で収納物と抵触しないスペースも同様の利用が望めます。

収納場所は使用頻度を意識して決めよう

せっかくグループ分けによってものをカテゴライズ収納しても、収納場所がちぐはぐだと利用しにくくなり効率が悪いことこの上ありませんので、収納場所の選定はきちんと考えて行わなければなりませんが、何らかの基準を設けていないと、いまひとつ決めづらいのではないでしょうか。

収納場所を決めあぐねている方向けの収納場所を決めるための指針の一つとして、ものの使用頻度が挙げられ、使用頻度が高いものを使用する場所の近くに設置し、使用後の後始末が必要なものの近くには後始末に使うものをといった形で使用頻度に応じて収納場所を決めていくと、効率に関して言えばほぼプラスに働くのですが、家のレイアウトにこだわりがあるタイプの方には向きませんので、これはあくまで収納場所を決める指針の一つに過ぎません。


この記事をシェアする