あなたのライフスタイルを豊かにする家事アドバイスサイト

>

片付けられないことを踏まえた収納術の利用を考える

収納術が時短家事につながる理由

収納術とはものの収納を円滑に行うためのテクニックに対する総称であり、家事の時間を短縮することで自由時間を含む様々な時間を捻出することを目指す時短家事との間に直接的な関わりがあるわけではありませんので、収納術の実践に時短家事が必要ということもなければ、時短家事のために収納術が必須というわけでもありません。

それでも、収納術を利用して収納を行えば、ものをまとめるという基礎的な効果によって、収納によるものの整理整頓が促され、必然的に整頓しやすい環境づくりにつながるため、結果だけ見るなら、家事を円滑に進めるために十分に効果を発揮することも間違いなく、収納術を用いてものを整理整頓することは家事の時短に貢献することになるのです。

収納術の基本はグループ分け

既に収納術に関心がある方にとっては基本中の基本かも知れませんが、収納術はものの整理整頓を目的としているためにものを整理しやすくすることがスタートラインに他ならず、ものをグループ分けすることがその第一歩となるでしょう。

ものをグループ分けする具体的メリットとして、生活の中で必要な道具を探す時間を節約することができる点が挙げられ、鉛筆やボールペン、ハサミといった文房具のように頻繁に利用する機会があり、なおかつ一緒に使うケースが珍しくないものを同じグループにカテゴライズして収納すれば、必要な物を集めることに無駄な時間を割かなくて済む分、別々の場所に収納するよりも効率的ですし、何がどこにあったか思い出す必要もなくなるのではないでしょうか。


この記事をシェアする