ポイントを掴めば時短家事に!簡単収納術

あなたのライフスタイルを豊かにする家事アドバイスサイト

片付けられないことを踏まえた収納術の利用を考える

本項は、時短家事において収納術が時短家事の効率化に寄与する余地の有無についての言及を試みると共に、収納術における基本中の基本となる収納物のカテゴライズによるグループ分けについてメリットを例示しながら、このグループ分けの効果をまとめたページです。

空きスペースを含むスペースの有効な利用と収納箇所の決定

カテゴライズによるグループ分け以外の収納術の具体例として、空きスペースの利用や空きスペースを作るために可能な工夫について触れつつ、収納術による収納効果を生かすために必要となるものの意外と決めにくい、収納場所の設定方法に対する私的な見解を述べています。

収納術のメリットと収納術による時短のために求められること

ものを整理整頓できるという収納術のごくスタンダートなメリット以外のメリットに、収納によるものに必要なスペースの圧縮や収納術で収納体制を整えた後の継続性、時短家事を含む生活の効率化へのプラスの影響等を挙げると共に収納術を行う上で、ものを捨てることの必要性について述べました。

収納術のセオリーと時短家事との相性

そもそも、片付けについて問題があったり、より効率的な片付け方を求めていたりしなければ、収納術が必要とされることはありません。現状に不満がない人にとって片付けに貢献するとはいえども収納術を求める理由は薄い上、収納術のポイントを掴むこと自体もそう難しくはないことから、効率的な片付けの実践を志す方や片付けに不自由していない方にとって収納術は利用すると便利程度に留まりますが、片付け自体を苦手としている方ないしどうしてもものを捨てることができない方にとって収納術は、片付け方の指標であると同時に、ものを捨てずに片付けることができる可能性を秘めた手段ともなり得ます。

つまり、既に片付け方がわかっている方にとっての収納術と片づけそのものに躓いてしまった方にとっての収納術では、根本的に求めるものが異なっているといえ、片付けられない方にとって価値のある収納術を考えた場合、すぐに始めることができ、細々とした作業を要しない収納術が求められることになり、これに当たる収納としてざっくり収納が挙げられるでしょう。

ざっくり収納は収納術の中でも至ってシンプルで、収納する場所とグループ分けだけは定め、収納を行う収納術であり、空きスペースの有効活用や空きスペースを作り出すといった行為は一切行わず、ただ収納スペースに決まったものを入れるだけという形態をとるために、ものを収納するという基礎を身に着けるのにうってつけの収納術であることから、片付けに躓いてしまった方にもお勧めです。